お部屋探しに役立つQ&A

DKとLDKの違いってなに?

DKとは「ダイニングキッチン」の略で「食事の出来るスペースがあるキッチン」という意味です。
LDKは「リビング・ダイニングキッチン」の略で「居間と食事の出来るスペースがあるキッチン」という意味です。

定義としてDKの広さは4.5~8帖で、LDKは8帖以上となっています。

「保証金・敷引」と「敷金・礼金」はどう違うの?

保証金とは、入居する際に、入居者が物件の所有者(オーナー)に預けるお金です。

敷引きとは、退去する際に保証金から差し引かれ、返還されないお金です。なので「保証金」-「敷引き」=「退去時に還ってくるお金」ということになります。

敷金とは、入居する際に、入居者が物件の所有者(オーナー)に預けるお金であり、退去時には全額が返還されます。
礼金とは、入居する際に、入居者が物件の所有者(オーナー)に差し上げるお金で、返還はされません。

例えば「保証金」30万円「敷引き」20万円という条件の物件があるとします。
入居時に「保証金」である30万円を預けます。
「保証金」-「敷引き」=「退去時に還ってくるお金」なので、30万円-20万円=10万円が退去時に還ってきます。

対して「敷金」10万円「礼金」20万円という条件の物件があるとします。
入居する際に、入居者が物件の所有者に預けるお金である「敷金」と、差し上げるお金である「礼金」を足した額(10万円+20万円)30万円を入居時に所有者に渡します。
退去の際には、預けてあったお金である「敷金」10万円が返還されます。

つまり≪「保証金」30万円「敷引き」20万円≫と≪「敷金」10万円「礼金」20万円≫は同じ意味合いになります。

注意しなければいけないのが、還ってくる筈のお金が全額返還されないケースがあります。
(家賃滞納、故意過失による破損等)お部屋を借りる際には必ず不動産屋が「重要事項説明」を行います。その時に詳しく説明をお聞きください。

ペットを飼いたいんだけど?

マンションでペットを飼うのであれば、最初から「ペット飼育を許可している物件」に入居しなければいけません。

もし「ペット飼育を許可していない物件」で勝手にペットを飼育し、オーナーや管理会社に発見された場合は大変な事になります。
即時退去となるだけでなく、ペットが物件につけた傷や匂いを直す為に、高額の補修費を請求される事は珍しくありません。
賃貸マンションの90%以上はこの「ペット飼育を許可していない物件」です。

ペットを飼育されるのであれば、来店時に「ペットを飼いたいのですが」と申し付けていただければ、安心してペットと暮らせるステキな物件を紹介いたします。